スイートアーモンドオイルとホホバ オイルの比較をしてみよう

美容

スイートアーモンドオイルと、ホホバオイルどちらが良いでしょうか。この2つはよく比較されますよね。

使い心地は似ていますが、もともと異なる材料のため、どちらが良いか悩む人も少なくありません。

そこで、スイートアーモンドオイルとホホバオイルの違いを調べてみました。どのような成分が入っているのか、自分にはどれが合っているのか、選ぶための参考にしてみてくださいね。

スイートアーモンドオイルとホホバオイルの特徴と比較

実は、この2つには決定的な違いがあります。

それは、「アーモンドオイル」は油であり、「ホホバオイル」はワックスであるということです。

アーモンドオイル

アーモンドオイルは、バラ科の植物アーモンドの油分を抽出したもので、西アジア原産が多いようです。

オレイン酸やビタミンEなど肌の老化を防ぐ成分がたっぷり含まれており、また食用としても使われます。

ホホバオイル

一方でホホバオイルは、メキシコなど南米に生息するナデシコ科の植物の種子から抽出したもので、ワックスエステルという成分でできています。

ワックスエステルは人の皮脂にも含まれている成分で、肌馴染みも良いのですが、食用として使うことはできません。

美容オイルとしては、どちらも優れた成分ですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

スイートアーモンドオイルとホホバオイルの成分比較

アーモンドオイル

基本的にアーモンドオイルは、低温圧搾法(コールドプレス)という製法で作られ、火を通さずに作られています。

「スイートアーモンドオイル」と「ビターアーモンドオイル」があります。ビターアーモンドはそのままオイルだけを抽出した未精製、スイートは苦み・渋みを抜いて精製されたものです。

ほのかに甘くて香ばしい香りがあります。特にスイートアーモンドオイルはくせがなく、肌にも髪にもよし、食用としてはサラダドレッシング、肉や魚のソテーなど何にでも使えます。

アーモンドオイルは豊富な脂肪酸を含んでおり、パルミチン酸、ステアリン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、そして豊富なオレイン酸とビタミンEを含んでいます。

ホホバオイル

厳しい気候条件で育つホホバから抽出されるオイルは、昔からアメリカの先住民によって傷の治療やスキンケア、ヘアケアに利用されてきました。

「ゴールデンホホバオイル」は未精製、「クリアホホバオイル」は精製されたもので、不純物や香りなどを取り除いたものです。

直鎖長鎖エステル(ワックスエステル)が97%、トリグリセリドが3%で酸化しにくくなっています。栄養成分としてはビタミンB群、パントテン酸が豊富、ヨウ素も含まれています。

ワックスの成分は、体の中で消化できないため食用にはなりませんが、赤ちゃんの肌にぬっている間になめてしまった、荒れた唇のケアとして口に入ってしまったという分には、何の問題もありません。

安心してお使いください。

スイートアーモンドオイルとホホバオイルの効果比較

アーモンドオイル

皮膚を柔らかくして、水分や栄養分を逃がさない「エモリエント効果」があります。

シミのもととなるメラノサイトの精製を抑制し、クリアな肌にしてくれる美白効果も期待できます。日焼けをしてしまった肌の炎症も抑え、痛みやかゆみなどの緩和もしてくれます。

さらに老化を防ぐビタミンEでアンチエイジング効果、食用としてはオレイン酸で悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

肌のキメが荒い、ハリ・ツヤがない、乾燥しがちで化粧水が馴染みにくい人は、お手入れの始めに使うのもおすすめです。

ホホバオイル

ホホバオイルは、基本的にどの肌質にも馴染みやすいのが特徴ですが、灼熱の気候から乾燥を守る働きがそのまま活かされ、肌への保湿効果が高いのが特徴です。乾燥肌の人に特におすすめ。

化粧水のあとに、ホホバオイルをぬると水分を逃がさないようにしてくれます。

精製されたオイルは低刺激なので敏感肌や赤ちゃんにも安心です。未精製のものは、血流を良くするビタミンE、むくみや疲労を改善するビタミンB群を多く含んでいます。

ニキビあとのケアなどにもおすすめです。抗酸化、抗炎症作用のほか、ティートゥリーオイルと混ぜて使うと、ブドウ球菌や大腸菌などの細菌の繁殖を抑えたとも実証されています。

スイートアーモンドオイルとホホバオイルの使用感比較

使用感は、メーカーや人の感覚によっては反対に感じることもありますので、お試しがあれば使用感を実感してから選ぶことをおすすめします。

アーモンドオイル

私個人の感想ですが、あえて違いを述べるなら、アーモンドオイルは肌への浸透が良く、ぬってすぐにサラッとします。

ホホバオイル

ホホバオイルは、水分を逃がさないバリア機能のせいか、しっとりするという印象です。

どちらも肌馴染みが良くベトつかないので、オイルを使い慣れていない人にもおすすめです。

スイートアーモンドオイルとホホバオイル、比較は肌で

まとめると、アーモンドオイルは油分の足りない乾燥肌向け、ホホバオイルは水分の足りない脂性肌の人に向いていると言えます。

どちらが水分と油分のバランスが整うか、考えて選んでくださいね。

またオイルには精製・未精製があり、どちらが良いかなどの議論もあります。

未精製だと非加熱でそのまま抽出するため、栄養成分が精製と比較すると多くなりますが、敏感肌の人には刺激になる可能性もあります。

私はアルガンオイルも大好きですが、未精製は超敏感肌の状態だと刺激があるのか、痛みはないものの肌が少し赤くなります。

初めての場合は、精製されたオイルで始めてみるのも良いでしょう。また商品によってはほかのオイルとブレンドして成分を補っています。いろいろあるので、調べてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました