踵の内側にあるツボは腰回りに効果!マッサージで解消

健康

踵(かかと)の内側のツボは、腰または腰回りの臓器に問題があるようです。

足裏は普段あまりお手入れをしない部分ですが、体を支えている部分であり疲れがたまると固くなったり、痛みが出たりします。

東洋医学では、足の裏の痛みは体が不調を訴えているサインだとされています。

踵の痛みと原因、ケアについて見ていきましょう。

踵の内側のツボにはいくつかの原因がある

ツボは中国から発生した治療法ですが、およそ360のポイントがあるとされています。

体には、内臓を機能させるためのエネルギーを送り込む通り道があり、流れが滞ると体調不良や病気を引き起こします。

それぞれの臓器につながるポイントを刺激することで、流れがスムーズになり健康を維持できると考えられています。

例えば、踵が痛い、異物のようなしこりがある場合は、その先につながる腰などの調子が悪くなるということです。

足裏は体を支える部分であるため、小さな面積ですが体の全ての部分につながっています。具体的に見ていきましょう。

踵のツボ、内側から外側までツボがぎっしり

基本的に、足裏の上半分が上半身、下半分が下半身になっています。

つまり、つま先が頭部、中央が心臓や肝臓、胃などの臓器、下に行くと腸、そして踵の部分が生殖器や腰のツボがあります。

さて、踵だけを見ていくと、踵の内側の部分は腰、仙骨と呼ばれる骨盤の部分の骨で、お尻と太ももをつないでいる部分ですね。

踵の真ん中には生殖器に関わるツボ。女性なら生理不順が上げられます。神経系にも作用し、ホルモンバランスや睡眠との関わりもあるとされています。

そして踵の外側はお尻のツボとされています。お尻のむくみなどに効くようです。

実践!踵のマッサージ

ということで、お尻の付け根が痛い、お尻から太ももの裏側の筋肉が張っているという人は、かかとの内側をマッサージして老廃物を流してあげましょう。

ではどのようにマッサージするとよいでしょうか。

座った状態で足の裏を両手で持ち、両親指の腹を重ね必要な部分に圧をかけます。いた気持ちいいと感じる程度にとどめましょう。ゆっくりじわじわとほぐれる感覚があればOKです。

あくまでも、しこりや痛みのある部分に行い、痛くない部分にまで圧をかけないようにしてください。

かかと内側のツボマッサージは面倒!という人はグッズで

指でうまく加減ができないという人は、道具を使ってもいいですね。

使いやすいのが「麺棒」です。お菓子作り用の短い麺棒を使い、グッとツボを押します。または床に麺棒をおいて足を乗せ、コロコロと前後に圧をかけながら転がすのもいいですね。

100均で手軽に購入できますから、利用してみるといいですよ。

また、おすすめなのが「快適!足裏凸凹ローラー」。

突起がついたローラーの上で足をコロコロ転がすだけでマッサージができます。滑り止めがついているので座っても立っても安全にできるし、足だけじゃなく腕、ふくらはぎなどにも使えます。

デスクワークの合間に、テレビや動画を見ながら、時間のあるときに気軽にできます。集中してやる必要もないので、ものぐさの私でも側に置いておくだけでマッサージができます。すごく軽いので持ち運びにも便利ですよ。

快適!足裏凸凹ローラー 足裏 足つぼ マッサージ器 つぼ 突起 ローラー コロコロ 押し込む ツボ押し 揉み上げる ふくらはぎ 腰 お腹 刺激 フットケア 疲れ こり むくみ 健康 ストレッチ 日本製 国産

価格:1,100円
(2020/7/9 01:55時点)
感想(0件)

足裏のツボ、やってはいけないときも

ツボ治療は、注意が必要なときもあります。

まずは妊娠中。生殖器や神経に関わりがあるため、赤ちゃんに影響する可能性があります。妊娠中のツボ押しは避けてください。

私も妊娠中は足がすごくむくんで困っていました。そんなときは、お湯に天然塩を入れ足湯をしてから、足をクッションなどで高くして寝ていました。

むくみが気になる人は参考にしてみてください。

また、食後1時間以内はやらないほうがよいとされています。食べたあとは、消化活動を行うため血液を胃に送り込みます。

ところがマッサージをすると、エネルギーがツボに流れてしまい、消化を遅らせてしまいます。

また飲酒後もよくありません。血流がよくなってさらに酔いが回ってしまいます。

自己判断は危険、足裏のツボは体調を見て

これら以外のときでも、体調に合わせて行うようにしましょう。マッサージは手軽にできて便利ですが、やはり専門家ではありません。

必要な部分が改善されてもほかの部分を刺激してしまう可能性もあります。

心配な人、痛みを我慢できない人は専門医に相談、または施術をお願いしてください。病気などのサインという可能性もありますから、無理や自己判断はしないようにしましょう。

足裏のツボ、内側から外側までスッキリと

足は体全体を支える部分。マッサージをしてあげないと、乳酸がたまって疲れやすくなるほか、重力の影響で足が曲がってO脚になったり、ゆがんだりしてしまいます。

足の疲れが取れていると、翌朝スッキリして動きもよくなり、体全体の血流もアップします。

40代の皆さんはとても忙しいため、夕方にはすっかり疲れて足がむくんでいる人も少なくありません。ときどきメンテナンスのつもりで、踵のマッサージやフットケアを行いましょう。

忙しい人はこちら!全国630店舗以上、仕事帰りでも出張先でも気軽に、手軽にもみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドができるリラクゼーションの店です。

詳細は下記をクリック▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました