美容オイルの使い方 、朝つけるのはNG?

美容

美容オイルは、朝の使い方に注意が必要です。

40代以上になると、水分・油分が減ってくるため、化粧水と美容オイルをセットで使うのがベスト。年齢を重ねた肌には、ぜひ取り入れたいスキンケアです。

肌状態や好みに合わせたオイルを使って良いのですが、日中の日差しを浴びることで「油焼け」をしてしまう可能性が。ここでは、朝のスキンケア方法とオイルの使い方についてシェアしていきたいと思います。

美容オイル、「朝」の使い方

朝に美容オイルをつけると、日中の紫外線に当たることでオイルが酸化し、日焼けを起こしてしまうことがあります。

例えば、食用油をフライパンで熱すると、酸化が促進されます。酸化はオイルの色や質、成分を変えてしまうので、体に良いとは言えません。

肌も同じで、日に当たることで酸化が促進され、日焼けする可能性があるということです。

美容オイルを朝に使うなら「日焼け予防」タイプ

オイルは様々な種類があり、日焼けを防止してくれるオイルと、そうでないものがあります。

酸化しやすい(日焼けしやすい)オイル

ローズウッドオイル (クスノキ科の木部から抽出)

グレープシードオイル(ぶどうの種子から抽出)

馬油        (馬の皮下脂肪から抽出)

亜麻仁油など    (アマ科の植物の種子から抽出)

酸化しにくい(日焼けしにくい)オイル

オリーブオイル 

ホホバオイル  

ココナツオイル 

ツバキ油    

アルガンオイル

米ぬか油 

アボカドオイルなど

どちらが「良い」「悪い」ということではなく、リノール酸やオレイン酸など、含まれている脂肪酸の種類や数によって酸化の度合いが異なります。

上記のオイルは、すべて肌にやさしいオイルです。肌馴染みがよくご自身に合っている美容オイルであれば、ぜひ使い続けてください。

もし酸化しやすいオイルをお持ちで、朝に使うという場合は、オイルをつけすぎないこと、UVケアをしっかり行うことで対策できます。気になる方は、美容オイルの使用は夜だけにするという方法もあります。

朝のスキンケアと 美容オイルの使い方

洗顔やスキンケアは、朝も夜も同じやり方でしているという方が多いと思いますが、朝と夜のスキンケアの目的は異なります。

考え方としては、朝は夜の間に溜まった皮脂を洗い流す、失った潤いを補給する、UVケアをするという3つをポイントに行います。

肌のうるおいから、美容オイルを使う・使わないなど柔軟なスキンケアを行いましょう。

1.洗顔

2.化粧水

3.美容オイル

4.乳液・クリームなど

5.日焼け止め

美容オイルは、1~2滴を手のひらで伸ばし、肌にのせていきます。首回りも忘れずに行いましょう。スキンケアは、肌の状態に合わせて変えていきます。

若い人、ニキビ肌の美容オイルの使い方

例)

洗顔は洗顔フォームで優しく洗う → 化粧水 → 美容オイル(または省略)

→ 乳液 → 日焼け止め

乾燥肌+テカリが出る人の美容オイルの使い方

例)

洗顔はぬるま湯のみで優しく洗い流す → 化粧水 → 美容オイル

→ 乳液(またはクリーム) → 日焼け止め

敏感肌の人の美容オイルの使い方

例)

洗顔はぬるま湯のみで優しく洗い流す → 美容オイル → 化粧水 

→ 乳液(クリーム) → 日焼け止め

年齢が高めの方で、乾燥がひどい場合は、まず美容オイルで肌のきめを整えてから、化粧水をつけると吸収しやすくなります。反対に、若い方でニキビなどが出やすい方は、美容オイルを夜だけにしても良いでしょう。

また乳液やクリームは、好みや肌の状態に合わせて調整してください。厚塗りすると、メイクが上手くのらないうえ、崩れやすくなります。

美容オイル、夜は朝と異なる使い方を

夜は、1日の汚れを洗い落とし、保湿をすることが目的です。寝ている間に肌の生成を促進するために、水分が逃げないようにオイルを多めに補っておきましょう。

1.クレンジング+洗顔

2.化粧水

3.美容液

4.乳液

5.クリーム

乾燥肌、敏感肌の人は、美容液で整えてからスキンケアを行うと効率よく肌に馴染みます。

私は、クリームをつけるときに美容オイルを2~3滴混ぜて肌にのせています。クリームにコクが出て、肌馴染みが良くなります。

美容オイル、朝の使い方によって紫外線をブロック

酸化しにくい美容オイルは、ビタミンEが豊富で、40代・50代の女性が積極的に取り入れたいアイテムです。ビタミンEは抗酸化作用があり、肌を紫外線などの刺激から守ってくれるアンチエイジングの効果があります。

年齢を重ねることで、不足しがちな皮脂を美容オイルが補ってくれます。シミやしわを防止し、肌のハリを維持してくれます。

朝の美容オイルの使い方、日焼け止めをしっかり!

美容オイルは、朝用に酸化しにくいものを購入しても良いですが、好みのもの、お手持ちのもので十分対応できます。重要なのは、日焼け止めや日よけなどの対策を行うことです。

オイルをつけすぎたときは、しばらくおいて馴染ませてからティッシュをのせて浮いた分を取り除きましょう。その後、UVケアをしっかり行ってください。

もし、酸化しにくいアルガンオイルなどをお持ちの場合は、少量を肌だけでなく、髪にもつけると紫外線対策になります。

外出があまりできないとはいえ、これから日差しが強くなってきますので、保湿と同時に紫外線対策も、忘れずに行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました