腸の粘膜を修復する食べ物には何がある?腸美人になろう!

健康

腸は体調に大きく影響する大切な体の臓器。ここをケアしてあげるには、胃腸の粘膜を修復する食べ物を積極的にとって、強い腸を作っていくことです。

胃腸の具合には、便秘や下痢、疲労感、肌荒れなどいろいろありますが、その中で注目されているのが「リーキーガット症候群」。「腸もれ」という意味で、腸の粘膜に穴が開いてしまうトラブルです。

体調を崩すと、腸の粘膜はどうなってしまうのでしょうか。また、どんな食べ物がケアにつながるのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

腸粘膜に穴が開くとは

小腸は、栄養素の入り口。ビタミン、ミネラル、糖分、アミノ酸など様々な種類の栄養素を厳密に分析して細分し、必要な量をコントロールしながら吸収しています。

ここで必要としない栄養分や老廃物などは、体外に排出するため大腸に送り込みます。免疫システムもここにあり、厳しく見極めて病原菌や体によくないものをシャットアウトしてします。

ですが、腸の粘膜に穴が開いてしまうと、厳しく選別されたはずの栄養素が体内に漏れ出してしまいます。

体調不良だけでなくアレルギーの原因にも

穴から漏れ出すと必要な栄養素は吸収されず、体外に排出されるはずの腸内細菌や病原菌なども漏れ出して体内に残ってしまい、アレルギーや自己免疫疾患などの原因になっていると考えられています。

日本でも、食物アレルギーやぜんそく、アトピー、過敏性腸症候群、下痢や便秘、不眠症、関節炎、リウマチ、慢性疲労、腹痛など様々な原因がこの症状ではないかと言われています。

原因は生活習慣やアルコール、薬の多用、ストレスなど様々ありますが、その中で直結するのは食事と考えられています。

そこで、腸の粘膜を増やす、丈夫にする食生活に変えていきましょう。

腸の粘膜を修復して丈夫にする

腸に穴を開けさせないようにするには、腸内細菌を取り入れ、免疫力を高める必要があります。

腸には善悪含めていろいろな細菌がいますが、細菌が食べ物をエサにして「短鎖脂肪酸」という発酵物質を生産します。

これが腸壁からの粘液分泌を促し、荒れた粘膜の修復、保護を行い、腸粘膜のバリア機能を高めてくれるのです。

つまり、食べることによって細菌が入り、お互いが協力することで体も細菌も生きていくことができるというわけです。共存するとはこういうことなのですね。

細菌は加齢、偏食、極端なダイエットによって減少してしまいます。腸内環境は美容・ダイエットに大きく影響しますから、食べることもダイエットの1つと考え、バランスのよい食事を心がけましょう。

ダイエットにも最適!腸粘膜を修復する食べ物

腸や体の免疫力を高める食事は「和食」。調理のしやすさ、食べやすさからも和食がおすすめです。その代表的なものをみていきましょう。

みそ・しょうゆ・納豆

大豆を発酵させたものは、乳酸菌がたっぷりと入っていて、腸内をサポートしてくれます。

亜麻仁油、エゴマ油、オリーブオイルなど

腸の炎症を抑えるαリノレン酸が含まれています。

ナッツ類

落花生、アーモンド、大豆などは、腸粘膜の修復を促すグルタミン酸が含まれています。ぜひおやつなどに取り入れたい食品ですが、食べ過ぎには注意してください。

魚介類

オメガ3脂肪酸を含む青魚、ビタミンDを含む紅鮭、かじき、さんま、きくらげなどがあげられます。また刺身、生卵など、生のタンパク質にはグルタミン酸が含まれています。

また、牡蠣にもグルタミン酸、大切なミネラルの1つである亜鉛が含まれています。

豚ヒレ肉

糖質、脂質、タンパク質などを含む大切な栄養素・ビタミンB1が豊富に含まれています。

野菜類

野菜は、腸を温める温野菜を中心に取り入れましょう。にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、赤ピーマンのほか、オクラやレンコン、里芋などネバネバする食材にも聴細胞を修復する作用があります。

ほかにもアスパラガス、玉ねぎ、とうもろこしなどにはビフィズス菌を増やすオリゴ糖が含まれています。キノコ類は、タンパク質のほかにカリウムやリンなどのミネラルが含まれています。

腸粘膜によい食べ物・細菌を増やして免疫力を高める

紹介したものは、すべて手軽に食卓に揃えられる食材ばかりなので、メニューに取り入れやすいのではないでしょうか。

難しく考えず、ご飯におみそ汁、好みの食材を使い1~2品のおかずでOK。漬物は、ぬか漬けが発酵食品なので、おかずに取り入れるとよいですね。添加物や糖類の頻度や量は調節しましょう。

健康は、特別なことが必要なのではなく、食べ過ぎない程度に普通の食生活を楽しむことで維持できるので、こだわりすぎずに生活を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました