コーヒー断ちは白髪ができなくなるって本当?

ヘアケア

よく、コーヒー断ちをすると白髪ができなくなったという話を聞きます。

コーヒーが原因の人もいると思いますが、全ての人にそうなのかというと、断言はできません。

健康によいと言われたり、いや有害だと様々議論されているコーヒーですが、ホントのところどうなのでしょうか。

なぜコーヒー断ちがよいと言われるのでしょうか。探ってみたところ、確かに白髪が増える可能性はあるようです。今回は、知っているようで知らないことの多いコーヒーの謎に迫ってみました。

コーヒー断ちが白髪防止になるのか?

コーヒーが白髪の原因になるのかというと、断言はできません。特に女性の場合は、ホルモンバランスや食事など、様々な要因が重なっていることが多く、判別することはかなり困難です。

とはいえ、白髪を促進するのではないかとする要因がいくつかあります。

コーヒー断ちが白髪に効果がある要因1・過酸化水素

コーヒーには「過酸化水素」が含まれており、体内に取り込まれることで白髪を増やす原因となるのではないかとされています。

髪を黒くするのは、メラノサイトという細胞です。このメラノサイトがチロシン、チロシナーゼという酵素のサポートを受けてメラニン色素を生成しているのですが、過酸化水素はこれらの酵素を分解してしまう働きがあるとされています。

コーヒー断ちが白髪に効果がある要因2・カフェイン

コーヒーの産地は、ブラジル、メキシコ、ジャマイカ、ベトナム、インド、エチオピアなど熱帯・亜熱帯地域で栽培されています。そのことから想像できるように、体を冷やす効果があります。

つまり利尿作用があるわけですが、たくさん摂ることによってチロシナーゼを増やす働きを持っているタンパク質やミネラルが尿と一緒に排出されてしまうために、白髪になる要因と考えられています。

また、体が冷えると血流が悪くなります。ホットでコーヒーを飲んでも、利尿作用は変わりません。髪の毛は血管から栄養を取り込んでいるので、血流が滞ると白髪の原因になります。

白髪はコーヒーのせい?

じゃあ「コーヒーのせい」かというと、ちょっと疑問です。

過酸化水素については、もともと人の吸い込んだ酸素の一部は過酸化水素に変化します。私たちの体の中では過酸化水素が作られているのですが、体の中にある酵素によって分解されています。

若いうちはその酵素が活発なため老化を防いでいるわけですが、年齢を重ねるとその酵素たちの分泌が減少していくために、過酸化水素が増えてしまい、少しずつお肌がたるんできたり、白髪が増えたりします。

つまり、これは老化やほかの食事、生活なども関係しており、コーヒーだけが原因ではありません。

またコーヒーには、ポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは、抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があることでも知られています。ポリフェノールは、紫外線による肌のダメージを防いで、シミなどができにくくなるという研究報告もあります。

さらに、利尿作用は余計な水分と一緒に老廃物も体外に排出するので、血液をサラサラに保ち血流がよくなります。

結局どっち?コーヒー断ちと白髪の関係

コーヒーはほかにも「覚醒効果」「脂肪燃焼」「消化作用」「ガン予防」などがあります。それぞれを説明すると長くなるので割愛しますが、誰にとってもよいわけではなく、また悪いわけでもないということを理解しましょう。

つまり、コーヒーのカフェインは冷え性の人にはよくないけど、むくみのひどい人には効果がある、ということです。またお酒のように、何事も摂りすぎれば毒になる可能性があります。

ほかにも食生活、生活習慣、遺伝など様々に要因があり、「コーヒー断ちをすれば白髪ができない」とは言い切れないのです。

ただ、白髪は血液が行き渡らないことと大きく関係しています。カフェインの利尿作用は冷えにつながり、その間は血管を収縮させます。飲み過ぎには注意しましょう。

カフェインの摂取量は明確な決まりがありませんが、WHOで300mgとされています。コーヒー100ml中のカフェインは60mgで、2~3杯は問題ないと思いますが、間を開けて飲む、薄めて飲むなどするとよいと思います。

コーヒーを断つよりも、白髪にならない髪づくりを!

黒い髪は、実は食事から作られます。タンパク質、亜鉛・銅・鉄・セレンなどのミネラルを摂ることによって、チロシナーゼなどの酵素を増やすことができます。

チーズ、大豆、大豆製品、バナナ、リンゴ、ピーナッツ、魚介類にも含まれています。

また抗酸化作用のあるビタミンC、そして忘れていけないのは、海藻類です。海藻には、髪の細胞を活発にするヨードが豊富に含まれていて、日本人にもとても合う食材です。ただしこれらも摂りすぎれば、ほかによくない作用が出てしまうので、ほどほどにしましょう。

食べ物のほかに、ストレスや睡眠不足も血流が滞り、白髪の原因になります。できるだけストレスを解消し、ポジティブにとらえていくことも大切です。

白髪ができる原因を探るのはとても難しいですが、黒髪になるための要素はハッキリしています。

つまり食生活、生活習慣のほうを見直して、積極的に黒髪を作っていくほうがよいと思います。一緒にツヤ黒髪を目指していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました