口元がだらしない?治すと顔全体が引き締まる!

その他

最近、口元が下がってきた、なんとなく口元がだらしないと感じたことはありますか。治す方法はあるのでしょうか。

口元というのは顔の中でも目に付く部分なので、少しの変化で顔全体の印象が変わってしまいます。

口紅を塗ってしまうと、悪目立ちする場合もあります。そこで、口元に意識した顔のトレーニングをやってみましょう。続けることで、必ず変わってきますよ。

口元の「だらしない」、どう治したい?

口元がだらしないと言っても、人によって悩みは異なるようです。

・口がいつも開いている

・口角が下がっている

・唇が厚ぼったい、薄い

ほかに歯がキレイでない、前歯が出ているなど、歯や骨の部分で悩んでいるケースもあり、口元ひとつとっても悩みは様々です。

口元がだらしないのは口元老化?どう治す?

もともと口に悩みにある人だけでなく、最近口が小さくなってきた、薄くなってきたという人も少なくありません。

あまり外出しないと、表情に気を使わなくなってきます。笑わない、話さないライフスタイルによって表情筋が崩れ、唇の形が変わってしまいます。

表情筋を使わないことで、顔全体が下がり、ほうれい線やしわの原因にもなります。

でも逆に考えれば、生活習慣によって表情筋を鍛え、改善することもできると言うことです。筋肉はゆっくりでも毎日続けることで鍛えられてきます。

歯や骨の部分の悩みには、専門医に相談する必要がありますが、 口元を引き締めれば印象も変わります。 何事も継続が大切。今のうちに少しずつ改善していきましょう。

口元美人に!口角トレーニング1.笑顔

基本となるトレーニングです。まずは笑顔を作りましょう。

口元をグッと引き上げるようにしてください。そのまま15秒キープです。

ゆっくりともとに戻したら、手指の腹で両頬を優しくほぐすようにマッサージしてあげましょう。

頬骨の真下のあたりに手をおき、顔の中心からこめかみのあたりまで移動しながらマッサージします。気持ちよいと感じるところをほぐしてあげましょう。

これを2~3回繰り返してください。思いついたときや暇のあるときにやればよいので、あまり回数や時間にこだわらず、毎日続けてください。

表情筋を使うことで口角が下がるのを防ぎ、ほうれい線やしわなどを予防します。

口元スッキリ!口角トレーニング2.舌を突き出す

背筋を伸ばし、ひじを横に張って胸の前で両手を合わせます。

ゆっくり舌を前に突き出したら、舌先を上に向け、またゆっくり口の中に戻します。これを15~20回、繰り返しましょう。

肩はリラックスした状態で、舌をだしたとき、首の筋が伸びていることを実感してください。

そのあと、耳の下から首、胸元あたりまで優しくマッサージ。右側、左側と両方行いましょう。

口元、顎などのフェイスラインをキュッと引き締める効果があります。これをすることで顔の下半分と首、肩のラインもスッキリした印象になります。

口元改善の口角トレーニング3.ペットボトルを使って

500mlの空のペットボトルを用意し、中に3分の1~半分程度の水を入れます。

歯を使わずに、口の力だけでペットボトルを持ち上げましょう。そのまま10~15秒キープ。1~2回行ってください。はじめのうちはやり過ぎると痛くなるので、少しずつ秒数や回数を増やしていきましょう。

口周りの筋肉を意識していってください。口角がアップし、不機嫌な印象から明るい表情に導いてくれます。

口元の「だらしない」を治す、口角トレーニング4.割り箸

割り箸を横にして、奥歯でくわえます。

そのまま、口を「い」の形にして、口角を持ち上げます。そのまま15~30秒キープします。これを2~3回繰り返しましょう。

割り箸よりも口角のラインが上にくるのがベストですが、はじめのうちは無理をしないように行いましょう。

ほうれい線やしわを防止するほか、小顔にする効果が期待できます。

口元の「だらしない」を治すために生活で注意すること

口を閉じて鼻呼吸

口元がだらしないと悩む人は、口がいつも開いていることが多く、多くが口で息をしています。

口を閉じて、鼻呼吸を意識してみましょう。閉じることで口周りの筋肉も意識できます。唇の荒れなども改善しますよ。

時間があるときは、深呼吸をしてみましょう。鼻で息を思いっきり吸い込み、口からゆっくり吐き出します。または、アロマキャンドルなど香りを楽しみながら、鼻から息を吸う練習をしてみましょう。

背筋を伸ばして表情筋を鍛える

唇や口元に悩みがあるからと言って、うつむきがちになるのはやめましょう。

そのままでいると筋肉も萎縮したままで、改善されません。背筋を伸ばして、表情筋を使うように心がけましょう。

口元がだらしないのは肌のハリ?スキンケアで肌全体を治す

毎日のスキンケアを行うことで、しわの防止、唇の荒れを防ぎ、明るいクリアな肌に導いてくれます。

しわやたるみがすでにある場合、改善するには時間がかかりますが、肌が明るくなることで顔全体の印象が変わります。口元やその周辺をしっかり保湿しましょう。

口元をよく見せるなら、とにかく笑顔でポジティブに!

口元の印象は、顔の表情を左右します。 だらしないと悩んでいる口元を意識し、唇とその周りの筋肉を鍛えることで、フェイスライン全体もキュッと締まってきます。

一番心がけてほしいのは、できるだけポジティブに考え、楽しむこと。

笑顔を向けられて、嫌な思いをする人はいませんよね。あなたから笑顔を向けることも大切です。まずは印象を変えることからはじめましょう。

口角トレーニングはすべてこなす必要はありません。自分の悩みに合わせて、1~2個チョイスしていってもよいと思います。大事なのは、毎日意識すること、継続して行うことです。

笑うだけでもトレーニングです。楽しくやっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました