ファンデーションを塗らないほうがきれい?透明肌の見せ方

美容

ファンデーションはメイクに欠かせないアイテムですが、透明感を出すなら、塗らない方がきれいに仕上がります。

ではどうするのか。結論は、下地+コントロールカラーです。

私はファンデーション、気分でBBクリームを使っています。肌の調子によっては、ファンデーションなしのほうが肌への負担が少なく、化粧崩れもしにくいので覚えておくと便利。それに、マスクにも付着しにくい、ついても目立たないので安心です。

それでは、ベースメイクについて一緒に考えていきましょう。

ファンデーションを塗らないベースアイテム

化粧下地

40代を過ぎたあたりから、肌の状態が変化してきます。

肌の筋力や水分保持が低下し、たるみがちになってくると、毛穴も開いてくるのでカバーする必要があります。

もちろん、顔のトレーニングやマッサージ、スキンケアでの十分な保湿が重要ですが、メイクをするときは、ファンデーションよりも重要なのは下地です。

年齢を重ねた肌には、化粧下地があるとないとでは化粧の仕上がりも持ちもかなり違います。

最近の化粧下地は、UV効果、肌のキメ、トーンアップに優れているものが多く、種類も豊富で質の高いものが多いです。かなりの肌色補正効果があるため、これ1本で済ませる人もいます。

ファンデーションを使うとき、使わないときでも、化粧下地をつけることをおすすめします。

コントロールカラー

コントロールカラーは、目のクマ、ニキビあとなど肌の悩みをカバーしながら、肌全体をナチュラルに仕上げてくれるところが最大の特徴。

肌が明るくなり、ファンデーションなし、または少ないファンデーションでも肌を綺麗に見せてくれます。

色はいろいろありますが、肌状態に合わせて、1~2つ持っていると便利ですよ。

イエロー、オレンジ  クマやくすみを消し、肌色を補整します。

ピンク、ブルー    顔色が悪く見える肌色に血色を与え、トーンアップします。

グリーン       ニキビや小鼻の赤みを抑えトーンダウンします。

パープル       肌に透明感を出し、本来の色を引き立てる役割があります。

クリームタイプ、パウダータイプがありますので、使いやすいほうを選んでください。カバー力はクリームタイプのほうがあります。

コンシーラー

コンシーラーは、必要に応じて使います。下地やコントロールカラーでカバーしきれないシミや肌の色ムラを補整します。クリームタイプ、パウダータイプ、スティックタイプなど様々あります。

フェイスパウダー

仕上げのパウダーです。肌に透明感が出て化粧崩れを防いでくれます。

ファンデーションを塗らない、きれいに仕上げる方法

化粧下地を肌全体に薄く塗ります。日焼け止めが別に必要な場合は、先に塗っておきましょう。

まずはパール1つ分をとり、おでこ、鼻、頬、顎の5ポイントに下地を置いて顔の中心から塗っていきます。馴染んだらフェイスラインに広げていきましょう。頬骨の高い位置から口の上辺りまでを明るくすると顔全体が華やかになります。必要に応じて足して塗ってください。

次にコントロールカラーを、カバーしたい部分だけ塗っていきます。クマやニキビあと、くすみを隠したい人はその部分を中心にぬります。

シワのある部分は、厚塗りにならないように避けるか、薄く塗りましょう。

私は顔が赤ら顔なので、血色を抑えるために赤みの強い部分にグリーンのカラーを、頬骨にイエローを塗っています。コンシーラーは使っていないので、そのままフェイスパウダー、プレストパウダーで仕上げています。

コントロールカラー・パウダーも

フェイスパウダーには、キレイなパステルカラーがたくさん入ったパウダーがあります。ちょっと高いのですが、陶器のような透明感のある肌に仕上げてくれます。

コントロールカラーがすべて入っていて、光の加減によって必要な場所の色補正を行ってくれます。ブラシで軽くのせて使いましょう。

また、パールやラメが入っているものがあり、こちらも光を調整して肌のトーンアップ、透明度を高めてくれます。こちらもパフではなくブラシで少しずつのせるか、部分的にのせて使うときれいに仕上がりますよ。

ファンデーションありか、なしか

ファンデーションを使う方がよいか、使わない方がよいかは、肌の色が引き立つかどうかで決めましょう。ファンデーションは、色補正を行い、カバー力と持続性に優れています。

コントロールカラーは、色補正が少ないですが光補正の要素が加わっているので、肌本来の色を活かし、立体感を出してくれます。肌の白い人、色黒の人でも、自身の肌をよりきれいに見せてくれる効果があります。

またシワが目立つ人は、シワの部分にファンデーションを重ねると、かえって厚塗り感が出てしまい、化粧崩れするとシワの溝に溜まって悪目立ちする可能性もあります。下地+コントロールカラーだと光の加減で目立たなくしてくれる効果がありますよ。

そのほかにも、洋服のコーディネートで決めてもよいと思います。

黒、グレイなどのスーツ、フォーマル使いにはファンデーション、明るい、白っぽいカラー、カジュアルなときはファンデーションなしでやっています。

私は肌トラブルにより、まだらに赤みがありますが、本来の肌はすごく黄身が強いので、服の色によっては肌色がくすんで見えたり浮いたりしてします。

基本的に洋服を決めてから、または着用してから化粧をするほうがおすすめです。重要なのは、顔だけでなく全身のバランスなのです。肌のシミやシワを隠そうと顔だけに集中しがちですが、全体が明るく見えることが肌を若々しく見せるコツでもあります。

みなさんも大きな鏡で確認してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました