膝の軟骨がすり減る?痛みがある人は若くても要注意!

健康

膝の軟骨がすり減るという症状は、高齢者だけではなく若い人にも起こり得ます。

40代、50代というのは若くはありませんが、高齢でもありません。小さな痛みが出てきても、そのうち、これまでのようによくなるだろうとついつい放置しがち。

膝痛も、そのうちの1つと言えるでしょう。

膝の痛みを放置してしまうと、だんだんと体の動きが鈍り、将来的に歩行困難などのリスクが増加してしまいます。

ここでは、膝の痛みの原因や体の仕組み、対策などを考えていきます。

若くても膝の軟骨がすり減る?

突然膝に痛みが出る場合は、運動不足のところへ重い荷物を運んだり、久しぶりにジョギングをしたりすると、腱(けん)や靭帯(じんたい)に負荷がかかり膝の関節を痛めるケースです。

安静にし、必要であれば冷湿布をしておくことでよくなります。痛みが激しい、長期化するようであれば、診察を受けてください。ジョギングをする場合は、準備運動やストレッチをしてから無理のない範囲で行いましょう。

ほかには、以前スポーツをしてけがをしたり痛めたりしたものがぶり返すこともあります。

ただ、痛みがなんとなく出てきた、膝を折るのがつらくなった、背筋を伸ばすのが大変など、これまでできていたものが困難になる場合は、要注意です。

これらのことが考えられます。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝の関節にある軟骨が加齢によって弾力性を失い、すり減って骨同士が触ってしまい、関節の痛みや変形が起こるとされる症状です。膝の関節に水が溜まって腫れることもあるようです。

40代以降に多く、特に女性に多いとされています。このような症状が出ている人は、一度疑って診察を受けてみるとよいでしょう。

・膝が伸びない/曲げられない

・O脚になっていく

・歩くと痛い

・正座ができない

・はや歩きができない

・膝が腫れる/熱がある

半月板損傷

半月板とは、太ももの骨(大腿骨/だいたいこつ)とスネの骨(脛骨/けいこつ)の間にある板状の軟骨の一種が損傷し、痛みを起こす症状です。クッションや支えがない状態で膝を曲げるので、骨が引っかかりや痛みを発します。

40代以上になると、半月板が変形してくるため、少しの衝撃でも壊れやすくなるようです。悪化すると水が溜まり、動かなくなったり痛みが出たりします。

関節リウマチ

膝の関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて機能しなくなる症状です。放置すると関節が変形してしまいます。体内の免疫システムが関係していると考えられています。

主な症状にはこのようなものがあります。

・関節のこわばり

・腫れ・痛み

・発熱

関節リウマチはほかの症状と異なり、膝を動かさなくても腫れや激しい痛みが生じます。リウマチは膝だけでなく、指や手・肘・膝・足など体のさまざまな部位、あるいは複数の関節で症状が起きる場合もあります。

若い人の治療は簡単?膝の軟骨がすり減る対処

病院に行くと、どのような治療がおこなわれるでしょうか。

まずは整形外科に行き、レントゲンなどで骨や靭帯・関節・軟骨に損傷がないか調べます。

損傷が発見されれば症状に合わせた治療をします。症状によって治療は異なりますが、軽度であれば、痛み止めの内服薬や外用薬、湿布などを処方されます。

ある程度の痛みになると、変形性膝関節症の場合はヒアルロン酸注射、半月板損傷ではリハビリや抗炎症薬の処方が考えられます。痛みがひどくなる場合は、手術などの治療も健闘されます。

リウマチは免疫系で外科ではないため、抗リウマチ薬のみで、基本的に手術は行わないようです。

若いのに膝軟骨がすり減る、ほかの視点からも考えよう

発見されなければ、外用薬や痛み止めなどが処方されます。

それでも改善しないとき、あるいは手術をしなければいけないと言われたときは、一度整骨院などで見てもらうのがよいと思います。

整骨や整体は、痛みの部分の損傷を見るのではなく、体全体の機能を調べます。膝の痛みであっても、骨盤の後傾が原因とする整体師もいます。

例えば、筋力が落ちる、筋肉に負担がかかりすぎて緊張すると骨盤が下がったりズレたりする、すると太ももの大腿骨に負荷がかかりズレたりねじれたりする、最終的に膝に負担がかかり、脳が危険信号を出して「痛み」になるという解釈です。

あるいは、股関節が硬くなって引っ張られているという解釈もあります。

体全体が影響し合っているわけで、それを1つ1つ解きほぐしていく感じなので、整体師によっても解釈は異なります。

レントゲンで「関節の骨の隙間が狭い」ように見えても、それがすり減ってできているものなのか、筋肉によるずれなのか分からないので、ほかの要因も見てみましょうという考え方だと推測します。

時間はかかりますが、自分の体は自分の力で改善できるという思考は有益だと思います。

膝軟骨がすり減らないように、若いうちから体を鍛えて

いずれにせよ、痛みが継続的にある人は、自己判断で湿布やサプリメントを摂るのではなく、今のうちに診察を受けておくことをおすすめします。私も足を悪くしていますが、早めに診てもらえばよかったと後悔しかありません。

個人ができる膝痛の予防・改善は、「筋力をつける」ことと「体重を増やさない」ことです。体を動かすのは筋肉。普段からこまめに動いて下半身の筋肉をつけておきましょう。

膝の痛みがなければウォーキングやジョギング、家で座ったり寝転んだりしてできるストレッチを取り入れましょう。スポーツジムに通える人は、水中ウォーキングが膝に負荷がかからず効果的です。

自分をいたわりながら、痛みや不安のない生活を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました