肌のたるみにちょっと抵抗してみる、40代からの顔筋トレ

首回りのマッサージ美容

ロングヘアの方、暖かい日や夏場など、アップにすることがあると思いますが、ほかの角度からも確認していますか?

私は鏡の前で正面ばかり見ていたのですが、ある日横を向いたとき、ふと目にとまった自分の横顔に愕然としました。

「たるんでいる・・・」

そのまま加齢を受け入れるのも時間がかかりそうなので、ちょっと老化とリフトアップについて調べてみました。ついでに、顔筋トレにもチャレンジしていますので、参考にしてみてくださいね。

顔が長くなったと感じたら、たるみのサイン

顔マッサージ

鏡を見る機会は少なくないですよね。スキンケアや化粧、服のコーデなどありますが、忙しさに紛れ、つい正面だけを見て過ごしてしまっていませんか。正面だけだと、意外と顔の変化に気づかないもの。「ん?ちょっと顔が長くなった?」と思ったら肌のたるみのサインのようです。

私はもともと面長なので、気にしていませんでしたが、髪をアップにして横顔を見たとき、フェイスラインというか、口元とアゴのラインが垂れ下がっているのを見てしまい、ショックを受けました。

肌のたるみは、どのようにして起きるのか

肌がたるむ原因は、年齢とともに皮膚が薄くなり、筋肉も衰えるため、重力に耐えられなくなるから、ということでした。

年齢による肌の老化は、70%が紫外線などの外的要素です。紫外線は肌のコラーゲンなどにダメージを与え、修復が間に合わなかった小さなダメージが積み重なって衰え、老化につながっていきます。しわやたるみができるまでには、そうなる原因とプロセスがあるのですね。

やはり、若いときからのお手入れと紫外線対策が、老化を防ぐことにつながっているようです。今さらながら、後悔します。

手遅れか・間に合うのか

顔のマッサージをする女性

それでも、毎日のお手入れや鍛え方によって改善するということでした。代表的なのは「顔ヨガ」です。筋肉はいくつになっても鍛えることができる機能なので、ヨガや顔筋トレなどが有効なのですね。

私は白髪対策として頭皮のマッサージをしているのですが、オプションのつもりで気が向いたときに顔のトレーニングを加えています。

まずは、口の両端を人差し指の腹で押さえて、グッと斜め上に持ち上げ、グリグリ回します。まずは口のすぐ側から10秒くらい、その後は少しずつ外側にずらしていきましょう。口を開けてマッサージすると、ちょっと間抜けな見た目にはなりますが、筋肉にアプローチできます。

次に、両親指の腹でアゴの下を触ります。中心から外に向かってフェイスラインをなぞっていきます。これを10~15回程度やっていますが、あまり回数などはきにしていません。

やっているのはこの2つだけ。顔の上部、または全体を何とかしたい人は、頭が硬くなっていることが多いので、頭のてっぺんやこめかみ当たりをマッサージすると良いですよ。いずれも、力を入れすぎないように注意してください。

顔筋トレの結果は?

はじめのうちは、痛みやだるさがあるかもしれません。筋肉がずっと怠けていたからだと思いますが、痛みが続くようならやめておきましょう。

1~2か月続けていますが、フェイスラインは少しスッキリしたかもしれません。始めのうちは筋肉が疲れたような感じがありましたが、少しずつ慣れていきました。

少し上向き加減でやるほうが、やりやすいと思います。あとは、笑うようにする、食べるときによく噛んで、筋肉を使うように心がけています。

目元はスキンケアのときに

本当は、目元のたるみも気にはなっているのですが、あれもこれもやると続かないと思うので、スキンケアのときに意識してお手入れをしています。

例えば、温めた手指を頬骨に当て、クイッと上に持ち上げ2秒。鼻筋の近くから、外側に手指を移動していきます。クリームが毛穴に入り込むのをイメージしながら行うといいですね。こすらないように気をつけましょう。

こめかみに到着したら、ちょっとクリクリとマッサージします。

朝は忙しいので、クリームはパパッとぬってしまいますが、夜のお手入れや休日など、時間のあるときにしています。やらないよりはいいかな、くらいの気持ちでやっています。

気楽にやることで、続けられる

普段見ることがない自分の横顔は「思っていたより老けている」現実をつきつけられた気分でした。

最近は、鏡を見て自分の顔に慣れるようにしています。ある程度抵抗はしつつも、年齢による変化を受け入れることも大切かなあ、と考えています。そうすれば、アップした髪でも気にしなくなるかもしれません。

みなさんも、手鏡などで角度を変えてチェックしておきましょう。抵抗するなら、今のうちですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました