角栓を抜いたあとの毛穴、どうケアしていけばいい?

美容

洗顔の後、よく小鼻の毛穴あたりに残る白いブツブツした角栓、気になりませんか。

指やタオルでこすれば落ちますが、そんなことをしても大丈夫でしょうか。ちゃんと綺麗にしているのに、なんでこれが出てきてしまうのでしょうか。

今回は角栓と角栓の役割、毛穴のケアについて紹介していきますね。

角栓の正体とは?毛穴からぬくとまずい?

お風呂上がりや洗顔後に浮き出てしまう、白い角栓。小鼻当たりに多く、これは皮脂や古い角質、汚れなどが混ざり合ったもので、白いかたまりとして毛穴を塞いでいます。

若いうちは、特に皮脂分泌が多いので、これらはニキビや黒い角栓になっていきました。ダメとは分かっていながら、小鼻パックをしたりピンセットで抜いたりしていませんでしたか?

この角栓、残っていると悪化して毛穴を広げてしまうし、無理矢理取ると肌を傷つけ、さらに毛穴に細菌などが入り込んで炎症を起こしてしまうという悪循環を起こしてしまいます。

ある程度の年齢に達すると、皮脂分泌が減少するため黒ずんだりすることは少ないと思いますが、白いポツポツが出てきますよね。押し出すとニョロニョロでてきますが、肌を傷つけるので無理に取ることもできません。どうして毛穴につまっているのでしょうか。

白い角栓、抜いた後にまた塞ぐ角栓

角栓ができる原因は、ターンオーバーの乱れと考えられているようです。

ターンオーバーは、年齢にもよりますが理想は28日周期とされています。

表皮の奥で細胞が生まれ、半月くらい欠けて角質層に到着します。そのまま半月ほど表皮で肌を守り、下の細胞が表皮に出てくると、今度は垢などになって自然に剥がれ落ちる仕組みになっています。

これが理想的なターンオーバーですが、サイクルが遅れると古い角質が残ってしまい、皮脂や汚れと混ざり合って角栓ができやすくなります。

反対にサイクルが早まると、肌が整わず乾燥気味になります。肌が乾燥すると毛穴が開くので、そこに汚れや皮脂が溜まって角栓の原因となってしまうようです。

もちろん、ターンオーバーの乱れは生活習慣、仕事、ストレス、食事などいろいろありますが、その日の体調によってどうしても乱れがちになるので完璧にはできません。

日頃から肌が乾燥しないように、心がけてあげましょう。

白い角栓、どうやって抜く?その後は?

お風呂上がりなどに出てくる角栓は柔らかいので、スキンケアをしながら優しくマッサージしてあげれば簡単に取れます。

もう1つ、私の角栓の抜き方をご紹介します。

お風呂上がりのスキンケアで、落とせなかった角栓を落とすようにしています。

まず綿棒にクリームかオイルを塗ります。スキンケアの時のクリームでもよいし、アーモンドオイル、ホホバオイル、ワセリンなどでもよいです。ちなみに私はニベアを使っていますが、油分が多いのがダメという人は、水分の多いクリームを使ってください。

綿棒にクリームを馴染ませて、親指と人差し指でクルクル綿棒を回しながら、白い角栓ができている部分に綿棒を滑らせていきます。すると、角栓が取れて綿棒にくっついていくので、とても楽ちんです。

注意したいのは、よくクリームやオイルを多めに馴染ませて、摩擦が起きないようにすること、綿棒は、絶対に力を入れないこと、お風呂上がりなど肌が温まっている状態で行うことです。

竹とんぼをとばすときのように、クルクル回すだけです。肌の上で、綿棒が触っているかなと感じる程度で、絶対に力は入れないようにしてください。

クリームを綿棒に塗ることでスキンケアも兼ねていますが、もし足りないと感じる場合は、もう一度クリームなどでしっかりケアしてあげましょう。

角栓を抜いた後は水分・油分を吸収しやすい

角栓が取れた部分は水分や油分が吸収しやすいので、クリームを塗ってあげることでつるつるになります。

もし化粧水や乳液のほうが好みであれば、それでもよいと思いますが、私は少し摩擦を感じるので、滑りのよいクリームを使っています。

それから、ピンセットなどで抜くのはやめましょう。あくまでも、プツプツと飛び出しているものを取るようにしてください。

鼻の毛穴にすっぽり埋まっているものを無理矢理だそうとするのはよくありません。角栓は雑菌が肌に侵入してくれるのを防ぐ役割をしていますから、無理矢理に取ると、その部分が炎症を起こしもっとひどくなる可能性もあります。

ただし綿棒を使うと、ときどき大きめの角栓がスルッと取れることがあります。そのときは毛穴がポッカリあいてしまうので、しっかり保湿をしながら引き締め効果のある化粧水やパックを行うといいですね。

年齢を重ねた肌には、しっかり保湿

みなさんも10代や20代のとき、黒でも白でも角栓を無理矢理押し出して、毛穴が広がったままになったり、肌の表面が凸凹になってしまったりした経験はありませんでしたか?

私ももちろんその1人で、ニキビがたくさんあったので、つぶして肌がみかんのようになってしまいました。

こうしたものはなかなか治りにくく、年齢を重ねた今、それをすると治るのがさらに困難になりますので、正しくケアしてあげましょう。

40代以降は、とにかく保湿が大切。しっとりと潤いを維持することで、シミ、シワ、たるみ、角栓、肌のくすみなどすべてに効果が出てきます。

特にエアコンの乾燥、季節の変わり目による乾燥は注意が必要です。しっかりとバリア機能を意識していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました