更年期 終わりのサインはあるの?

健康

更年期が始まるサインとして、生理周期について話しましたが、今度は「更年期の終わり」にもサインがあるのか気になりますよね。

女性の更年期は、女性ホルモンのバランスが乱れることによって起きますが、個人差があり時期も期間も様々。今つらいと感じている人は、終わりのない戦いのように感じるかもしれません。

でも、必ず終わります。更年期の時期や期間の目安など、参考にしてください。

更年期、終わりのサインは何歳くらい?

更年期の定義は「閉経するまでの5年間」とされているようです。日本人の場合、一般的な閉経が50歳前後とされています。

35~40歳 プレ更年期(自律神経の乱れなど)

40~45歳 更年期始まり(不正失血、15~21日周期など、周期が短くなる)

45~50歳 更年期(2~3か月に1度など、周期が長くなる)

50歳~  更年期終了 生理停止から1年経過で「閉経」と判断

プレ更年期は、あくまでも自律神経などの乱れとされているので、定義することはできません。

ただし、ライフイベントの変化やストレスの多い時期でもあるため、ホルモンバランスが乱れやすくなると考えておくとよいでしょう。

そして、更年期は、閉経を挟んだ10年前後と言われています。だいたい、45歳から周期の乱れが起こり始めるとしたら、55歳くらいまでになります。その中で、周期が長くなったら、終わりのサインと言えます。

では、身体的・精神的な不調はどれくらい続くのでしょうか。

更年期、終わりのサインを含めた10年前後

50代で閉経を迎えるとすると、体調不良などの症状はおおよそ50代後半~60歳までには落ち着くと考えられています。

ホルモン減少による体の機能の低下は、時間がかかります。

女性ホルモンは、急激に減少してなくなるわけではなく、体の中でホルモンを出そうとしたり、出せなかったりしながら、調子を整えようとしています。

その間はどうしても、バランスが乱れてしまいます。

毎日コツコツと第2の人生を送るための体づくりを行っているのです。何事も慣れるのに時間が必要なように、体の中でも変化に慣れようとがんばっています。

更年期、終わりのサインまでどんな症状がある?

では、女性ホルモンが分泌されない体になるまでの間、どのような形で現れるのでしょうか。

更年期の間に起こり得る症状として、心血管系、自律神経系、脳機能、代謝などの低下があげられます。

体に現れる症状

・ほてり、のぼせ、発汗

・頭痛

・倦怠感、疲労、めまい

心に現れる症状

・不安、落ち込み

・無力感

・憂鬱

主にこれらの症状ですが、ほかにもたくさん考えられます。

体がほてり、大量の汗が止まらない、体がだるい、精神的にもきつくなると仕事や生活にも支障が出ます。一方で、つらくなかった、全く症状が出なかったという人もいます。

どうしてもつらい人は、ホルモン剤や漢方など治療方法がありますので、医師に相談しましょう。

更年期の症状はなぜ起きる?

昔の女性は結婚も早く、たくさん子供を産んでいました。妊娠と授乳を繰り返していたため、月経そのものの回数が少なかったのです。生涯の回数は、50回程度だったと言われています。

一方、現代女性は結婚が遅く、個人差がありますが出産も1~2人です。そのため、月経の回数は450~500回にもなるとされています。

昔の女性と比べ、ホルモンを生成する作業が10倍にもなっているため、どうしても体への負担が大きくなっています。

また現代女性は、とても忙しいことがあげられます。核家族が多く、仕事や家事の負担が大きくなっています。

子育てや介護、夫婦生活などが順調ならともかく、様々な問題にさらされることがあります。

学校で問題があったり、夫婦でいざこざがあったり、家庭が円満でも周囲に巻き込まれたりすれば、女性ホルモンが減少した体には大きなストレスとなりますよね。

現代社会は、女性が生き抜くには厳しい環境なのです。

更年期の終わりのサインを好機ととらえてみる

更年期につらい症状が出てしまうと、前向きに考えるのは難しいですよね。

でも、いつかは更年期が終わり、閉経します。ずっと続くわけではありません。これを正念場と思い、後に訪れる開放感を想像しながら、気持ちを楽にして乗り切ることを考えていきましょう。

周期が長くなり、ホルモン分泌量も減ってくれば開放されるサインです。閉経すると、体の中は落ち着き、とても楽になるようです。

体が軽くなり行動力も出てきますから、その先にやってみたいこと、行ってみたいところなど希望や目標を立ててみるといいかもしれません。

更年期、終わりとサイン

まずは、絶対に無理をしないこと、つらいときは診察を受けることです。ほかの病気も考えられますから、医師のアドバイスは大切です。

これから更年期を迎えるという人は、心の準備としてとらえてください。更年期は誰もが訪れますが、つらい症状は誰にも起きるとは限りません。

ストレスをできるだけ溜めないようにしながら、笑顔でいることを心がけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました