オリモノが水っぽい、臭う、これって病気のサイン?

その他

オリモノが水っぽい、臭うなどの状況は気になります。これって正常なのでしょうか。

オリモノは、女性の体を守る大切なもの。体から自然に出てくるものなので、漠然と受け入れていますが、異常を感じるとデリケートゾーンなだけに心配になります。

ここでは、オリモノについて改めて知識をつけておきましょう。どんなものが正常で、どんなものが病気のサインなのか、理解して、いざというときも慌てずに対処できるようにしましょう。

そもそも、オリモノとは?

オリモノとは、女性の性器から分泌されているもので、子宮内膜、子宮頸管、膣、汗腺などを通って、「下におりてくるもの」を指します。

分泌されたものは粘膜を作って膣内部の潤いを保ちます。体外に出るときは、老廃物などの汚れを一緒に排出し、また粘膜によって膣内にばい菌が侵入するのを防いでくれています。

オリモノの量は、女性ホルモンの分泌と大いに関わりがあり、ホルモンの分泌量がピークに達する20代・30代はオリモノの量も一番多くなります。また、妊娠中も子供を細菌から守るため、分泌量が増えます。

そして、年齢とともに女性ホルモンの分泌が減少していき、閉経後はオリモノの量もグッと減っていきます。

オリモノが水っぽいとき

オリモノは女性ホルモンの分泌に関係があるため、生理周期によって量の増減や匂い、粘度の状態が異なります。

排卵期前からオリモノの量が少しずつ増えていき、排卵期は若干とろみのある水のような状態、生理前の黄体期に入ると、今度は量が減少してドロッとして濁ったオリモノが出てきます。一番不快に感じる時期です。

生理前になると、オリモノの匂いがキツくなってきます。生理前後は、血液が混じることもあるため色が少し茶色っぽい状態になることがあります。

生理後のオリモノは、量が少なくなりサラッと水っぽくなるようなので、生理直後から排卵期に入るまで、水っぽい感じがしても、あまり問題はありません。

ただ水っぽい状態がずっと続くときは、感染症の疑いがありますので産婦人科の診察を受けましょう。

オリモノが臭うとき

女性の膣の中は、有害な細菌やウイルスが増えないように、乳酸菌がいます。

膣内は酸性に維持されているため、オリモノから甘酸っぱい、ヨーグルトやチーズ、またはお酢のような臭いがするのは健康な証拠なのだとか。

ただ、臭いがあまりにもキツい、魚が腐敗したようなツンとする臭いなどがあるときは、雑菌が混じっていることがあるようです。

膣内を清潔に保つため、タンポンの使用を中止します。また骨盤が冷えている人に起こりがちなので、入浴は湯船につかって体を温めることも大切です。

それでも臭いが解消されないときは、診察を受けましょう。

オリモノが知らせる病気

オリモノの色、臭い、状態は、年齢や体質によって異なり、かなり個人差がありますから、慌てずに様子をみます。

ただし上記のように水っぽい状態がずっと続く、反対にパサパサしている、臭いがこれまでと異なる、不快感、違和感がある場合は、感染症など次のような病気が考えられます。

クラミジア感染症

性行為などによって感染する症状で、カジンダ(カビ)が入り込んでしまいます。

水っぽいオリモノで、量も増え黄色っぽい状態、臭いもきつくなります。下腹部の痛みや不正出血、発熱などがありますが、多くは自覚症状がないと言われています。

炎症を起こすと流産や不妊症などの問題を引き起こすこともあるので、自覚症状がなくてもオリモノに異常を感じたら診察を受けてみるのもよいでしょう。治療は抗生剤で完治することが多いようです。

細菌性膣炎症

膣内において、善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れ、浄化機能が低下して有害な菌が増えてしまう症状です。

こちらも水っぽいオリモノで、灰色。ツンとする嫌な臭いがあります。無症状の場合もありますが、デリケートゾーンのかゆみなどが伴う場合は、診察を受けましょう。

ほかにもトリコモナス感染症、淋病などいろいろあるようですが、いずれにせよ何らかの危惧がある場合は、気軽に相談できますので診察を受けてください。

そのときは、パートナーも感染している確率が高いので、一緒に診察を受けるとよいでしょう。

感染症を防ぐには、オリモノを観察

感染症にならない、または再発しないようにするためには、オリモノシートをこまめに取り替える、通気性のよい下着を着けるなどデリケートゾーンを清潔に保つことが最重要です。

オリモノシートは、下着を清潔に保ってくれるほか、そのときのオリモノの状態を確認することができるので、そういう意味でも便利です。

ただ難しいところですが、神経質になって洗いすぎることです。石けんなどを使って頻繁に洗いすぎると、乾燥してバリア機能が低下してしまいます。

かえって免疫力が落ちて細菌が入り込んでしまうので、ほどほどにしておきましょう。

また、石けんはデリケートゾーン用のものを使うことをおすすめします。pHが調節され、潤いを保ちながら汚れを落としてくれます。

おりものは時として不快なものですが、私たちの健康を知らせてくれるバロメーターのようなもの。しっかり管理しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました