リンパは老廃物をどこへ流す?むくみのメカニズムを知る

健康

よくリンパを流すとか、老廃物が溜まるとかいいますが、そもそもリンパとはどんなもので、どこからやってきて、どこへ流すのでしょうか。

ダイエットや美肌について調べると、リンパと老廃物はよく出てくるキーワードですが、私も含め具体的に理解している人は多くないと思われます。

顔や足のむくみ、ダイエット、美肌などリンパが与える影響は様々ですが、実践する前にその存在と仕組みについて理解していきましょう。

リンパと老廃物、どこから来て、どこへ流す?

リンパとは

リンパ液とは、体を循環する水分の1つ。人の体には、太い血管以外にも細い毛細血管が体中に張り巡らされていますよね。その毛細血管の壁に穴が開いていて、なんと約20リットルもの水分が漏れ出しているそうです。

体内の水分は成人男性で60%、女性で55%と言われています。例えば、男性70キログラムで水分が60%であれば、体内の水分量は42リットル、約半分ということになります。

とはいっても、このリンパ液の8~9割は毛細血管に再び吸収されます。静脈に取り込まれて心臓まで戻り、再び体中に循環していきます。

吸収されなかった残りの1~2割は、余分な水分として老廃物と一緒にリンパ管へ送り込まれます。これがリンパ液になります。

老廃物とは

老廃物は、体の中に入った食物を分解して栄養を取り込んだあとの、残りカスのようなものです。栄養分は血管を通じて細胞へ送り込まれ、そこでエネルギーが生み出されます。

一方残ったカスは、多くがアンモニアや二酸化炭素、腸内細菌の死骸などですが、これらがリンパ管を通して尿や便、汗などとともに体の外へ排出されます。

老廃物は毒素や疲労物質などが含まれているため、溜まってしまうと血管やリンパの流れを妨げ、疲れ、むくみ、免疫の低下、老化などの原因となるわけです。

リンパ管とリンパ節とは

こうしてリンパ液と老廃物は、リンパ管へたどり着きますが、そのまま排出されるわけではなく、リンパ節の中で再度選別が行われます。

リンパ節は、リンパ管のあちこちにタンクのようなものが設置されていて、そこでそれぞれフィルタリングが行われ、白血球の一種である細胞に委ねられます。

この細胞は、老廃物など大きめのものは食べて処理してしまい、細菌などに対しては、抗体反応が働いてやっつけてくれます。毒や細菌が血液に入り込んで全身に循環し、自由に遊び回らないよう、パトロールしているのです。

処理しきれなかったものはどうなる?

ここで、リンパ節で処理しきれなかった老廃物や細菌も出てきます。これらはリンパ液とともに流れていき、最終的にもう一度静脈に取り込まれます。ここが鎖骨あたりにある、大きな静脈です。

今度は血管を通して腎臓に運ばれ、ここで最終的にろ過され、いらないものとして処理されます。その後は、尿や便として体外に排出される仕組みになっています。

リンパと老廃物、どこが重要ポイント?

リンパを流す、老廃物を溜めないために重要なポイントとなるのが、鎖骨です。

顔、体、足など、全身から集められたリンパは、最終的に鎖骨のくぼみの奥にある、大きな静脈に集合します。

鎖骨をマッサージすることによって、顔・首・肩・脚・腕など、全身のリンパの流れにアプローとできるのです。

では、どのようにマッサージしていけばよいでしょうか、見てきましょう。

リンパと老廃物、どこへ向かって流す?

まずは、鎖骨の出っ張りを挟むように4本の指を乗せ、中央から肩に向かって優しくなでてください。右手なら左側の鎖骨を触り、左肩先へ流します。これを3~5回ずつ。

朝、顔がむくんでしまったときは、洗顔後のスキンケアで顔、フェイスライン、耳の後ろ、首の両サイド、そして鎖骨、肩まで化粧水やクリームをつけていきましょう。

両手でやってしまえばサッとできますが、やりにくい人はフェイスラインの後、片方ずつ耳の後ろ、首、鎖骨から肩へ優しく指を滑らせていきましょう。

これは体や足のむくみにも有効ですが、もう1つ脇の下のリンパを流すのも効果的です。

手で脇の下を掴んだとき、親指があたる部分にリンパ節があります。ここを意識しながら腕を上げて、腕の方から脇の下、ウエストあたりまでなでていきます。こちらも3~5回を目安に。

リンパと老廃物には、こまめな動きも有効

マッサージは強くやると、組織にダメージを与えるので逆効果です。どうしても力が入ってしまう人、マッサージをする時間がないという人は、体をこまめに動かしましょう。

立ち仕事、デスクワークなど、全く体を動かさないでいるとリンパは滞ります。リンパは、筋肉が動くことで流れるようになっています。

運動をする必要はなく、椅子から立ち上がる、背伸びをする、歩く、体を曲げる、ひねるなどの動作を行い、リンパを流れやすくしてあげましょう。

リンパと老廃物、流れないとどこへ影響するか

老廃物が溜まってしまうと、血管やリンパを圧迫します。すると新たな老廃物がたまり流れをせき止めてしまいます。

余計なものが体に溜まってしまうと、必要な栄養を上手く吸収できなくなり、免疫力の低下につながります。

また栄養が行き渡らないことで脂肪をエネルギー源として確保するため、太りやすくなり、老廃物と脂肪細胞がくっついてしまうと、セルライトの原因にもなってしまうそうです。

いいことは全然ないので、老廃物が貯蔵されないように、しっかりと流してあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました