化粧水を使わないと老化がすすむ?あるなしスキンケアの謎

美容

化粧水を使わないと、老化がすすむと聞いたことがあります。みなさんは、どう思いますか?

実は、私はほとんど使っていません。敏感肌になってから、化粧水があまり合わなくなってしまったからです。それによって老化が進んだとは思っていませんが、化粧水を不要だとも思いません。乾燥しがちなときはつけています。

化粧水は必要、いや不要といういろいろ意見が分かれていますが、ホントのところどうなのでしょうか。正しいスキンケアがあるのか、調べてみました。

化粧水を使わないと老化が早まる?使用しない例

化粧水を使わない理由はいろいろでしたが、その中で注目する見解が2つありました。

化粧水を使わない、理由①角質層の崩れ

1つは、水分を補うほど乾燥しやすい肌になる可能性があるということです。

表皮の一番外側が「角質層」と呼ばれ、これが外的な刺激から肌を守り、保湿効果を維持しています。化粧水を過剰に与えることで、角質層がふにゃふにゃになって細胞が壊れ、キメが崩れてしまうということです。

その結果保湿効果が薄れ、肌の水分を維持できず乾燥してしまうというものです。

化粧水を使わない、理由②肌への刺激のため

もう1つは、化粧水をつけることによって、手やコットンによる肌への刺激が考えられることです。

例えば拭き取りタイプの化粧水を使うと、軽いピーリング作用があります。

肌の汚れや角質を落とすことは大切なのですが、肌のターンオーバーを考えずにクレンジング、洗顔、コットン化粧水と毎日の習慣にしてしまうと、肌の修復が間に合わずキメが崩れてしまうというものです。

化粧水を使わない?老化の相関性はある?

こうした角質層の崩れや刺激が、肌の老化を招くものであるという見解は、納得のいくものでした。

ただ個人的には、「だから化粧水は良くない」とは思いません。化粧水そのものや成分は、肌に影響を与えるものではないからです。

化粧水は、80%~90%が水でできているので、残りの成分が肌に合わない場合を除き、老化を促進するものでも抑制するものでもありません。

ただ化粧水が「要る・要らない」になると、個人差があるのではないかと思います。実際に、美容クリームだけにしたらしわやシミができたという人もおり、一概に「必要ない」と片付けられないからです。

老化に化粧水を使う?使わない?日本と外国の違い

欧米では、化粧水ではなく美容オイルやクリームを直接使う習慣があるようですが、日本の場合、これだけ化粧水というスキンケアの文化が浸透している以上、マーケティング以外にも何らかの効果はあると考えます。

科学的・医学的な知識はありませんので、正しいかどうかは分かりませんが、欧米は外気が乾燥しているため、肌は潤いを守るバリア機能がもともと高いと思われます。

一方日本は、外気の湿度はとても高く汗をかきやすいため、理由①から考えて、肌はバリア機能が弱く乾燥しやすいと推測できます。

また水の違いもあるでしょう。欧米は硬水のため水分を与えてもガサガサになると聞いています。一方、日本は軟水。肌にもやさしく、一時的ではありますがふっくらさせてくれます。

そこで化粧水で角質層のキメを整えからクリームなどを塗る方が、バリア効果も高くなり使用感も良いのではと考えています。

化粧水を使わないようにするのではなく、考え方

最終的に化粧水を使うか使わないかは、個人の肌質によるのではないでしょうか。

角質層は、水分と油分のバランスが大切です。水分が足りない人は化粧水、脂質が足りない人はクリームという具合です。

また、環境の違いもあります。夏場は暑さで汗をかき、エアコンの涼しさでかえって乾燥しがちです。そんなときは化粧水をつけてキメを整えるのも良い方法だと思います。

一方、お風呂上がりの肌はしっとりしているので、それほど化粧水は必要ありません。

化粧水、クリームの量にも注意

化粧水を使うにせよ、使わないにせよ、必要なのはクリームです。クリームで油分を補い、水分を逃がさないようにすることが大切です。

特に40代、50代は皮脂分泌が減少し、角質層などのバランスが崩れやすくなっています。たっぷりと化粧水をつけても、クリームなどで油分を補わないと、時間とともに乾燥していきます。

スキンケアは化粧水もクリームも、サッと表面を整える程度で良いでしょう。

年齢を重ねた肌は、コラーゲンやヒアルロン酸など減少している成分を補うことは大切ですが、過剰につけてしまうのも問題です。

肌は、潤いのために一生懸命働いています。外から栄養を与えすぎてしまうと、仕事を放棄して怠けてしまいます。シンプルなケアを行うことで、肌本来の機能を活性化させましょう。

化粧水を使わない生活・老化への影響は

私は40歳を過ぎて、乾燥肌から敏感肌になり、洗顔でのすすぎや化粧水でもヒリヒリしてしまうほどになってしまいました。そのときに医師に相談しすすめられたのが「美容オイルのみ」のケアです。

かなり抵抗がありましたが、やってみると2日くらいで顔のヒリヒリは解消されました。

洗顔後は美容オイル少量、その後はクリームでカバーするというケアを2年以上続けています。

ただ、今でも肌は乾燥しがちで、化粧水が必要だなと感じる時があります。お化粧直しをしようかと思うと、口の周りなどはいつもカサカサしています。肌の調子が戻ってからは、化粧水を部分的につけています。

どちらが良いかではなく、どちらも良いと考え、柔軟にケアしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました