生理中の肌ヒリヒリ、ホルモンバランスを考えよう!

美容

生理中に肌がヒリヒリするという経験、ありますか?

ニキビができたり、カサカサしたり、人によって症状は様々ですが、私はヒリヒリして化粧水も刺激になってしまうときがあります。ケアを間違えて炎症が悪化し、悪循環を繰り返していました。

ここでは、生理で起こる肌トラブルの仕組みや、おすすめの対処法についてシェアしていきたいと思います。

なぜ生理中に肌がヒリヒリする?女性ホルモンの仕組み

女性の場合、排卵のリズムがあるためにホルモンバランスが崩れやすく、イライラや不安など様々な症状が起こります。肌トラブルもその1つ。

プロゲステロンとは

女性ホルモンには、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2つがあります。プロゲステロンは、排卵後に黄体が形成されてから次の月経の直前まで分泌されるホルモンで、皮脂分泌を促すことが分かっています。

余分な皮脂分泌で毛穴のつまりや汚れを引き起こし、ニキビなどの原因となっています。若いうちは、こうした症状が多いですね。排卵前はプロゲステロンの分泌が抑えられ、肌は比較的安定します。

エストロゲンとは

一方でエストロゲンは、胸や体の丸みなど女性らしい体を形成する役割を持っています。成人してからも、髪や肌の潤い、コレステロール値の調整など様々な働きをしています。

ところが、40代になると卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌量は減少していきます。そして閉経前後の更年期は、減少によって急激にホルモンバランスが崩れ、イライラや倦怠感、のぼせなど不快で多様な症状が引き起こされます。

肌荒れもその1つで、40代前後になって生理中にヒリヒリするという方は、このエステロゲンの分泌量の低下が関係しているかもしれません。

エストロゲンの減少で生理中に敏感肌に

エステロゲンが減少すると、「肌のバリア機能」が低下します。

通常は、肌の表面に当たる角層表面を、皮脂膜が覆うことでバリア機能を形成しています。この膜が薄くなることで、乾燥した空気、紫外線、ホコリ、アレルゲンなど日常生活で受ける刺激に抵抗力がなくなり、「乾燥肌」「炎症」を引き起こします。

薄くなって肌がヒリヒリする人、赤みやかゆみ、痛みを伴うことを「菲薄化(ひはくか)」と呼びます。

これはエストロゲンの減少だけでなく、外的刺激や荒井過ぎなども含まれるため、どの世代にも起こり得ることです。若い方は、生活習慣やスキンケアを見直す必要があります。

生理中の肌荒れによる赤みやヒリヒリ、ブツブツをどうする?

では実際に、どのように対処すれば良いのでしょうか。その対処法がいくつかあります。

冷やす

保冷剤や氷をタオルなどにくるみ、赤み、ヒリヒリ、かゆみがある部分を中心に冷やします。 洗顔後など、肌がキレイな状態のときに行います。

タオルなどで肌をこすらないよう気をつけてください。

日焼け対策

日焼けは赤みやヒリヒリなど、炎症を悪化させるため、できるだけUVケアを。日焼け止めクリームなどが刺激になるときは、日傘や帽子などでカバーしましょう。

化粧品を変える

ファンデーションは、リキッドタイプではなくパウダーファンデーションのほうが軽い質感で肌への負担も軽減されます。低刺激性のファンデーションや、バリア機能を持つパウダー(白粉)を使ってみてください。

洗いすぎない

クレンジングは、拭き取りタイプを避け、洗い流せるタイプを選びましょう。洗顔は、いつもより泡を多めに作り、残った化粧を落とすイメージで。

ゴシゴシ洗いをしないよう注意しましょう。すすぐときも同様に、優しく洗い流します。

スキンケアを見直す

いつもの化粧水や乳液、クリームでヒリヒリするという人は、低刺激性のものに変えて使用しましょう。または、炎症が治まるまではワセリン、バームだけのシンプルなケアも有効です。私は、リップクリームを目元、口元につけていました。

この時期は、肌に栄養を与えることより、「バリアする」ことのみに特化したシンプルなケアを心がけましょう。多くの栄養が負担・刺激になる可能性もあります。

リラックスを心がける

気にすると、ストレスになり悪循環。軽く体を動かす、趣味を楽しんでみるなど不安をできるだけ解消するようにしましょう。

生理中の肌のヒリヒリに備える、落ち着いて対処する

肌荒れは、顔の印象を左右するのでとても気になってしまうし、ヒリヒリと刺激を感じると、不快感も伴うので気にしない方が難しいですよね。

何日も続く場合は、医師や薬局に相談して、治療薬を処方してもらいましょう。自己判断だけでは、悪化する場合もあります。

生理中の肌トラブルは、ホルモンが関係していますが、食生活や睡眠の見直しも大切。周期を理解して、肌荒れが起きそうな時期は生活のバランスを崩さないようにします。

そして深呼吸をして、ゆったりのんびり過ごすようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました