梅干しは血圧を上げる?驚くべき効果を持つ1粒の真実とは

食事

梅干しは、血圧を上げるのではなく、実は下げるのを手伝ってくれる食品だと言うことをご存じでしょうか。

塩分の取りすぎがよくないとされてきた時期、梅干しもその代表にあげられてしまいましたが、昔から「1日1粒で医者いらず」と言われてきた日本伝統の健康食品。

最近になって梅干しの効果が科学的に立証され、密かに注目を集めています。

梅干しは、健康にはもちろん、美容やダイエットにも強い味方。では、その効果を見ていきましょう!

梅干し、血圧を上げる?下げる?

紀州梅干しで有名な和歌山県・みなべ町で医学博士が行った調査によると、82歳の梅農家の男性、81歳の女性の血管年齢はどちらも77歳、梅干しを毎日3粒食べている80歳女性の血管年齢は、70歳という結果が出ました。

梅干しには、アンギオテンシンⅡという血管を収縮させるホルモンの働きを調整し、血圧の上昇を抑える効果があることが分かっています。

またカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛といったミネラルを豊富に含んでおり、積極的に摂りたい健康食品なのです。

昔の梅干しというのは、塩分は約20%であったそうですが、現在のものは3~5%程度。1日2~3粒ほどであれば、血圧には何の問題もないどころか、健康を促進してくれるのです。

血圧を上げるのを防ぐ、梅干しの秘密

梅干しの健康の秘密は、酸っぱさのもととなっている「クエン酸」にあります。

人の美容・健康に関わる様々な効果を発揮してくれるのです。その効果を見ていきましょう。

血液をサラサラに

梅干しは酸性と間違える人もいますが、実はアルカリ性食品です。

ドロドロしている血液は、脂質が含まれ血液が酸性化しています。アルカリ性の梅干しを食べることで、中和され血液がサラサラになります。

疲労回復・食欲増進

クエン酸は、疲れの原因となる乳酸の蓄積を抑える働きがあります。乳酸が消えると、血流がよくなり体が動きやすく、元気になります。

またその酸味が唾液を促し、消化酵素の分泌を促すため、食欲増進と消化に働きかけます。

食中毒の予防に

梅干しの香りには防腐作用があり、食中毒のもととなる黄色ブドウ球菌の増殖を防いでくれます。特に夏場は体調を崩しやすく、胃腸の働きが弱まるため、菌は大敵。

昔からお弁当のご飯に梅干しを入れるのは、持ち歩く食べものの天然防腐剤の役割を果たしているからです。

抗菌・インフルエンザ予防に

よく「梅干しを食べると風邪を引かない」と言われますが、梅干しには「梅リグナン」と呼ばれるポリフェノールの一種が含まれていることが分かりました。これはインフルエンザウイルスを抑制してくれる効果があります。

アンチエイジング効果

「梅リグナン」はまた、強い抗酸化作用があります。

体の「サビ」として知られ、シミやしわの原因ともなっている活性酸素の働きを抑えて肌の老化を防いでくれます。

ダイエット効果も!

和歌山県紀南地域で行った疫学調査では、梅干しを毎日食べる人は食べていない人に比べ、肥満度を示すBMI値が低いという結果が出ています。

梅干しの成分の中に「バニリン」という成分が含まれており、脂肪細胞に刺激を与えることが分かっています。そしてクエン酸はエネルギーを効率よく燃焼させ、余分な脂肪をつきにくくしてくれます。

糖尿病予防に

梅干しには、血糖値の上昇を抑え、糖質の吸収を抑える働きがあります。

食事前に梅干しを食べると、血糖値の上昇を防いでくれることが分かっています。

カルシウムの吸収を促進

カルシウムは水に溶けにくいのですが、クエン酸と一緒に摂取すると水溶性に変化し、吸収率がアップします。カルシウム不足や骨の老化に悩んでいる人は取り入れてみてください。

胃潰瘍・胃がん予防

梅干しに含まれる梅リグナンの一種、「シリンガレシノール」という成分が、胃炎や胃潰瘍、胃がんに影響があるとされるヘリコバクターピロリ菌の働きを抑制してくれます。

鎮痛作用として

昔の人は頭痛の鎮静作用があるとして、こめかみに梅干しをはっていました。香り成分が痛みを和らげる効果があると医学的にも証明されているのだそうです。

実は、私のおばあちゃんもやっていたのですが、信じていなかっただけに驚きでした。

1日1粒で医者いらず

私は田舎育ちで、小さな頃から梅拾いをさせられたものです。

大量の梅を洗う作業や、干したり取り込んだりのお手伝いをさせられ、当時梅干しが嫌いだった私は嫌で仕方がありませんでした。今では懐かしい思い出です。

大人になってから食べるようになりましたが、母も年を取りあまり作らなくなりました。ストックも減っているので、大事にいただいております。

今でも天然のサプリメントなどと言われていますが、これだけたくさんの効果があるとは本当に驚きですね。昔の人の知恵と、私の母には感謝しかありません。

これからは自分でも作れるようにならないとなあ、なんて考えています。

暑さで疲れやすくなる時期。梅干しが苦手な人でも、食べやすいカリカリ梅、はちみつ梅をはじめ、梅干しを使った食べやすいレシピなどがあるので、試してみてください。

梅干しで元気に過ごして、夏を乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました