肌の状態で選びたい、見直したい化粧水の選び方

化粧水美容

みなさんこんにちは。

40代になると、肌の衰えが気になりだしたり、これまでなかった肌トラブルが起きたりなんてことはありませんか。

女性の肌は30代を境に衰え始めますが、仕事や子育てに忙しくしていると、加齢に向かっている自覚がなかったりします。実際に私も、40代になってから改めて鏡を見たとき、乾燥やしみ、しわ、たるみなどに気づきショックを受けました。

これはもっと肌に栄養を与えないといけないのかなと思い、基礎の基礎である化粧水を見直して見ることにしました。

肌の乾燥は皮脂とのバランス

さて、肌は30代を境に水分量が落ちてくるわけですが、年齢を重ねた肌で見落としがちなのが「皮脂」の量です。皮脂は、皮膚に膜をはって水分を保つバリア機能ですね。

年齢を重ねるに従い、女性ホルモンの分泌量が減少し、膜を張らないため水分が逃げてしまいます。若いうちは、「肌がテカテカして嫌」なんて経験ありませんでしたか?そのテカテカがなくなってしまい、水分が蒸発して乾燥を引き起こします。

そこでクリームなどの油分を補ってあげるわけですが、潤いを分泌しにくい私たち40代のハリを保つためには、肌にしっかりと浸透する「高い保湿成分」が必要になります。

いくら油分でカバーしても、水分が浸透していなければ乾燥してしまうからです。というわけで、化粧水に含まれる高保湿成分とはどんなものがあるのか、調べてみました。

高保湿成分にはどんなものがある?

化粧水に含まれる高保湿成分には、次の3つが主に使われているようです。

セラミド
セラミドは、もともと皮膚の水分を保つ機能として角層にある成分です。これが顔や体を洗うとき、洗浄料と一緒に流れ出てしまいます。これを補ってあげることで、バリア機能を維持できます。

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、生体内に広く分布する保湿成分です。皮膚、軟骨、眼球などにも重要な役割を持っているのだそうです。肌の乾燥を防ぎ、ハリを回復する成分として知られています。

コラーゲン
コラーゲンはタンパク質の一種。人の場合、全タンパク質の30%をコラーゲンが占めているのだそうです。減少するコラーゲンを取り入れることで、肌のハリを保つことができます。

さらに悩みに合う成分をプラス

これらの高保湿成分に、さらにご自身の悩みに効く成分が入っているものがプラスされていると良いみたいです。

例えば、しわ・たるみ・ほうれい線が気になりだした方には、以下の成分がおすすめです。

レチノール
ビタミンA誘導体で、肌を刺激して活発化する役割を持っています。

ナイアシンアミド
ビタミンB3と言われ、ビタミンB複合体の1つです。ダイエットとしても注目されている成分です。しわ改善に効果があります。

ビタミンC誘導体
強い抗酸化作用を持っており、保湿だけでなくシミ予防、毛穴の引き締めなど、あらゆる悩みにオールラウンドに答える成分です。

一方、シミ くすみ、美白に効く主な成分は以下の通り。

ビタミンC誘導体
ニキビの色素沈着防止、メラニン色素抑制、引き締め効果があります。しわにも効果的です。

プラセンタエキス
化粧水によく含まれている成分です。多くのビタミン類、アミノ酸類、酵素などが含まれています。

アルプチン
植物に含まれている天然成分で、お肌の漂白剤と言われるほどの優れた美白成分です。

トラネキサム
アミノ酸の一種で、肌をしっとりクリアにしてくれます。

注意!敏感肌には、高保湿でも刺激になりやすい

肌のお手入れをする女性

敏感肌の人は、低刺激性と記載されているものを選びましょう。高保湿成分は働きかけも強く、濃度が高くなるほどバリア機能が低下した肌には刺激になってしまうこともあります。

実際に、私もその1人でした。40過ぎから肌の赤みが気になりだし、顔を洗っても、化粧水をつけても、クリームを塗っても、顔を触るだけでヒリヒリする重度の敏感肌になっていました。

ビタミンCやヒアルロン酸、良いというものは何でも試しました。何年もかかって、最終的にコラーゲンをつけたら2日とかからず治りました。あの苦労は何だったのでしょう、というくらいです。どんなに良い成分でも、肌質や症状によって合う、合わないはあるのだと実感しました。

また、体力をつけることも、バリア機能に働きかけます。忙しい毎日ですが、睡眠は私たちのカラダの回復とホルモンの分泌のために必要です。

食事は、タンパク質などの栄養を中心に補っていきましょう。体の中から強くなることで、あなたの若々しさをサポートしてくれますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました